umbrella

雨の日の傘のような存在

いつでも駆けつけてくれる安心感…陣痛タクシーについて

 妊娠出産に関する心配事の一つとして

   いざ陣痛が来た時に無事に病院まで行けるだろうか

って不安な気持ちになったことありませんか

 

 私はあります

 妻と二人暮らしで日中は私が仕事に行っているため、その時に陣痛が来てしまうと妻ひとりで対応しなければなりません

 そういった家庭も多いのではないでしょうか

 そんなときに対応してくれるのが

    陣痛タクシー

です 

f:id:yoshikenkun:20200727072307j:plain

 今回は、

  • 陣痛タクシーってなに?
  • どういうときにつかえるの?
  • 具体的な利用方法
  • 料金や利用可能エリア

など、陣痛の時でも安心して病院まで送り届けてくれる陣痛タクシーを解説していきますので

 出産のとき産院までの交通手段どうしよう、とか

 私のように不安になっている方がいれば参考になると思いますので、ぜひ参考にして

いただければと思います

 

 

陣痛タクシーってなに?

f:id:yoshikenkun:20200727072349j:plain

 陣痛タクシーとは、タクシー会社が行っているサービスの一環で、タクシー会社に事前に登録しておくことで妊婦さんが陣痛の際、タクシーで妊婦さんを病院まで送り届けてくれる制度です

24時間365日対応してもらえる

 陣痛はいつどこで起こるか予期できないものです

 深夜に陣痛で動けないときや、旦那さんや他の家族が不在で妊婦さん一人しかいないという状況の時に陣痛で動けない、というケースも十分に考えられます

 陣痛タクシーは、24時間365日対応してくれるので、そういったケースでも安心していられます

 

防水シートを完備

 タクシー内で、破水した場合に備えて、陣痛タクシーには防水シートが用意されています

 万が一破水等で車内を汚してしまった場合にも追加料金を取られることは基本的にはありません

 

道案内をする必要がない

 陣痛タクシーは、事前にタクシー会社に利用登録を行うのですが、そのときに利用者の住所、連絡先、行きつけの病院等を登録しておくので実際に自宅等で破水して病院までタクシーで行くことになったとしても道案内をする必要がありません

 

陣痛時以外も対応してくれる

f:id:yoshikenkun:20200727072818j:plain

 タクシー会社にもよりますが、基本的に陣痛タクシーは、陣痛時だけでなく妊婦検診や出産後の退院、赤ちゃんの検診にも利用することができます

 陣痛タクシーであれば、赤ちゃんと一緒に乗るときはチャイルドシートを付けてくれるので、安心してタクシーに乗ることができます

救急車を呼んじゃダメなの

f:id:yoshikenkun:20200727072933j:plain

 出産のときは、産院に行かないといけないのに陣痛の痛みなどで動けない場合、救急車を呼んじゃいけないのでしょうか

 結論としては、正常な妊娠や出産に伴う陣痛の場合、救急車を呼ぶことは控えるようにということになっています(救急車を呼んでも場合によっては断られることも)

 あくまで妊娠出産は病気ではないため、救急車を呼ぶ条件には当てはまらないというのが理由のようです

 しかし、大量に出血がある、妊婦さんが明らかに衰弱しているなどの非常時の場合には、すぐに救急車を呼ぶようにしましょう

 

陣痛タクシーの料金は?

 通常のメーター+迎車料金(500円前後)というのが相場のようです

 事前登録に料金はかかりませんし、年会費等もかからないので、使う予定がなくても登録だけしておくだけというだけでもいいと思います

 

陣痛タクシー利用の流れ

1.利用登録

 自分の自宅や産院が対応エリアになっているタクシー会社を探して利用登録を行います

 タクシー会社によってはWEBですべて完結するところもあります

 自分の住まいのエリアで対応してくれるタクシー会社を知りたい場合には

陣痛タクシーのサービス内容と全国の陣痛タクシー | 妊娠育児の情報マガジン「ココマガ」

  こちらの記事を参考にしてください

 

2.陣痛が来たらまずかかりつけの病院に電話する

 陣痛がきたらまず慌てずにかかりつけの病院に電話して自分の今の状態を伝え病院に行ったほうがいいのか確認しましょう

 その際には、陣痛の間隔をメモするか覚えておきましょう

 何を持って行くべきかはあらかじめ準備しておくといいですが、心配なことがあれば病院で事前に聞いておきましょう

 付き添いの家族がいる場合、一緒に行って問題がないかも確認しておきましょう

3.陣痛タクシーを呼ぶ

f:id:yoshikenkun:20200727073101j:plain

 病院に確認したら陣痛タクシーを呼びましょう

 事前に専用ダイヤルが伝えられているはずなので、専用ダイヤルに電話をしましょう

 電話をすると下記のようなことが確認されます

  • 陣痛でのご利用ですか?

  • 病院へ連絡し、指示を仰いでいますか?

  • 付き添いの方はいますか?

 

  自宅で陣痛が来た場合であっても事前に登録しておくことでスムーズに自宅まで迎えに来てくれるはずです

4.陣痛タクシーに乗る

 病院に行く準備を整えて、可能であれば、自宅を出てタクシーの運転手がわかりやすい場所で待っていましょう

 母子健康手帳、保険証、診察券を確実にもってタクシーに乗ります

 

5.到着

 支払いは到着時に不要なことがほとんどですので、病院へスムーズに入ることができます

 

事前に準備はすすめておきましょう

 陣痛がきて病院に行く場合にはそのまま入院になるケースがほとんどです

 陣痛が来た時に慌てないためにも、事前に入院に必要な準備は済ませておきましょう

 さらに陣痛タクシーを利用する場合には、大きめのバスタオルなどを用意しておくといいと思います

 なぜかというと、陣痛タクシーは破水等に備えて防水シートを完備してくれていますが、バスタオルなどを準備しておくことで車内を汚す心配もないので、お互いに気持ちよく利用することができると思います

 

まとめ - 安心して出産を迎えるために陣痛タクシーの登録を検討してみてはどうでしょう

 妊娠・出産に心配や不安はつきものだと思います

 少しでも安心して楽に出産を迎えるためにも陣痛タクシーの登録をしてみてはどうでしょうか

 事前登録が必要なので、まだの方はタクシー会社を調べてぜひ活用してみてください

陣痛タクシーのサービス内容と全国の陣痛タクシー | 妊娠育児の情報マガジン「ココマガ」

 全てのお母さんが無事に赤ちゃんが産めることを願っています

 

 

参考記事

 

www.yoshikun-umbrella.com

 

 

www.yoshikun-umbrella.com

 

戌の日のお参りに行ってきました

 私の妻が妊娠5か月を超えたこともあり、先日戌の日のお参りに行ってきました

 といっても新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言が明けてまもなくだったため、人混みを避けるためにも戌の日を避けて水天宮でお参りしました

 それでもたくさんの人、人…こんなに同じ時期に妊娠している人がいるのかと何となく嬉しくなりましたし、それだけ多くの人が戌の日のお参りをするのだなと驚きもありました

 

 

 ということで今回は、戌の日のお参りについて解説します 

  • そもそも戌の日ってなに
  • どうして妊娠すると戌の日にお参りするの
  • 実際の体験談
  • 新型コロナウイルスの影響はこんなところにも

といった内容で紹介していきたいと思います

    これから戌の日のお参りに行く

という人はもちろんのこと

    もうお参りは済ませた

という人もあらためて戌の日のお参りにどんな意味があったのかを振り返るきっかけとしてみてはいかがでしょうか

 

 

そもそも戌の日って何?

 12年で一回りする干支は良く知られていますが、1日ごとに干支が割り当てられているのはご存知ですか?

 1日1日に干支は割り当てられていて、戌の日も12日に1度やってきます

 日本では、「岩のように丈夫になる子どもが生まれてくるように」という願いを込めて妊娠5か月目の最初の戌の日に岩田帯(腹帯)を巻き、安産を祈願する風習があるんです

 なぜ戌の日かというと戌(犬)は他産でありながらお産が軽いことから「安産の守り神」として親しまれてきていたからです

 

戌の日ってどうやって決まっているの?

 一日一日に干支が割り振られているので、「戌の日」も12日に1度やってきます

 自分たちがお参りする日を決めたい場合には、こちらのサイトを参考にしてください

今年2020年(令和2年) 大安 戌の日 カレンダー|安産祈願 ・戌の日ドットコム

 

戌の日当日でなくても大丈夫

 戌の日の説明をしてきましたが、お参りは必ずしも戌の日でなくても大丈夫です

 新型コロナウイルスの影響や妊婦さんの健康を考えると戌の日は込み合うので、あえて戌の日を避けて天候や体調を見ながら無理なく予定を立てましょう

戌の日のお参りはどこに行けばいいの?

 どこでもしてもらえます

 戌の日の安産祈願は、多くの神社や仏閣ででき、安産祈願で有名な神社も多数あります

 安産祈願で有名な神社やお寺に行くとお参りもスムーズにいくので、初めて安産祈願に行く方は安産祈願を謳っている神社やお寺でお参りを行うのがおススメです

 

人気があるのは水天宮 - 私も行ってきました!

 戌の日の安産祈願で人気があるのは、なんといっても

   日本橋 水天宮

です

f:id:yoshikenkun:20200716085521j:plain

 私自身も妻と一緒にこの水天宮で安産祈願を行っていただきました

 戌の日はとても混雑するので、日にちを少しずらして行きました

※ 新型コロナウイルスの影響がありご祈祷が中止になっていた時期はありましたが、現在は一部制限を設けながらもご祈祷は行っています

 

 戌の日ではないにも関わらず、そして大雨にも関わらず!

 同じように安産祈願をする夫婦がちらほら…

 結局10組くらいの方々と一緒に安産祈願を行っていただきました

 

 現在は、新型コロナウイルスの影響で、妊婦さんのみ昇殿することができ、その間旦那さんやその家族については境内や待合室で待機となります

 

 

 安産祈願の初穂料は?

 安産祈願の料金ですが、

  • 神社の場合は、「初穂料」
  • お寺の場合は、「お布施」「御祈祷料」

と呼ばれます

 寺社によって料金は異なりますが、相場としては

    5,000円~1万円

前後です

 寺社に行けば、料金は記載されていますのでその金額を包めば大丈夫です

 

初穂料の包み方

f:id:yoshikenkun:20200716091228j:plain

初穂料を包むときは、紅白の蝶結びの水引がついた熨斗袋(のし袋)を使います

上段には、御初穂料、御礼、御玉串料など
下段は姓のみ、もしくは夫婦連名とします
なお、熨斗袋がない場合には白い封筒でも構いません

 

腹帯は持ってくの?

 腹帯は神社で買うこともできますし、自分で持参した帯を清めてもらうこともできます

 ただし、さらしのみお祓いというところもあります

 小さい神社では扱っていないこともあるので確認を

 

お参りの服装は?

 ラフな格好でも大丈夫、妊婦さんはワンピースや歩きやすいペタンコ靴など身体に負担がかからない服装を

 戌の日のお参りは夫婦で行く方も多いかと思いますが、意外と悩むのが旦那さんの方の服装かと思います

 結論から言うとフォーマルな服装でなくても大丈夫ですが、きちんとした清潔感のある服装をしていくことをお勧めします

 

一般的な服装は襟付きシャツにチノパンorスラックス

f:id:yoshikenkun:20200718093321j:plain

 写真のようにここまで胸をはだける必要はありませんが、私のように春から夏にかけての温暖な時期に安産祈願に行く場合には、襟付きのシャツにスラックスやチノパンというのが主流です

避けたほうがよい代表的なアイテム

  • ジャージ
  • ビーチサンダル
  • ダメージデニム
  • ミニスカート
  • オフショルダー
  • ノースリーブ
  • ハイヒール
  • 派手なアクセサリー

どうやってお参りするの?

 神社でのお参りの作法を紹介します

1 お清め

  手水舎で手を洗い、口をすすぎ、身も心も清めます

  ※新型コロナウイルスの影響で現在は、手水舎が使用不可のところが多いです

2 ご祈祷申し込み

  神札所で安産祈願であることを申し出て、申し込み用紙を記入

  初穂料を払います

  初穂料の相場は、5,000円~1万円が相場

3 本殿に入り、お祓い

  一人ずつご祓いしていただけるところもありますし、人気の神社だと何名かまとめて本殿に入り、お祓いを受けます

 

4 祝詞奏上

  神主が神様にご祈祷のメッセージを送る祝詞奏上(のりとそうじょう)

5 二礼二拍手一礼

  祝詞が終わったら立ち上がり、姿勢を正して「二礼二拍手一礼」

  二度深く頭を下げ、二回拍手し、もう一度深くお辞儀

6 授与品を受け取り、終了

  神主から一人ひとりに授与品が手渡され、終了

  所要時間は、10~15分ほど

  人気の神社ではお祓いまで1~2時間ほど待機する場合も

 

まとめ - 赤ちゃんが無事に産まれてきますように

f:id:yoshikenkun:20200718095855j:plain

 妊娠5か月目といえば、妊婦さんのお腹も目に見えるほど大きくなり始めて出産に向けた実感が旦那さんの方にも湧いてくる時期なのではないかと思います

 戌の日のお参りは夫婦やその家族と一緒に安産祈願をし、出産に向けた準備をする良いきっかけとなる大切な行事だと思います

 この日を機に腹帯も付け始めてはいかがでしょうか

 

参考 -妊婦さんの骨盤ケアのためにも骨盤ベルトも検討しましょう

 

www.yoshikun-umbrella.com