umbrella

雨の日の傘のような存在

交通事故に遭ったら何をする?

こんにちは

 

記念すべき最初の投稿は、交通事故についてです。

 

なぜって、私自身が昨日人生で初めて交通事故に遭ったからです(笑)

 

車とバイクの事故で、私も相手も大事には至りませんでしたが、足が震えてしばらく自分の声も知らない人の声のようでした。

人生で何度も経験するわけではない交通事故。冷静ではいられません

 

なのでここでは交通事故を発生させてしまった場合に、現場でしなければならないことについて書いていきます。

 

 具体的には

 

  1. 運転していた車やバイクを安全な場所へ移動(二次被害防止)
  2. 110番通報(警察への通報)
  3. 自分や相手がけがをしてるおそれがあれば119番通報
  4. 事故の相手と連絡先の交換(最低でも氏名と連絡先)
  5. 保険会社への連絡(急がなくても大丈夫)
という順番で行えば、あとは警察や救急隊の指示にしたがい、事故現場での処理は進んできます
流れを知りたいだけであればもうあとは読まなくて結構ですが、具体的にもっと深くまで知りたいという方はに向けて各項目について解説します。
 
1.運転していた車やバイクを安全な場所へ移動(二次被害防止)
  事故に遭って気が動転していると思います。
  しかし、車をそのまま置いておけば、さらに別の車両が追突してくるかもしれません。
  すぐに、車両を路肩など、他の車両が来ない場所に移動させましょう。
  ハザードを点灯させて(夜間は特に)他の車両がわかるようにしておきます
 
  発炎筒の正しい使い方

2.警察への通報(110番通報)

  車両を安全な場所へ移動出来たら、すぐに警察へ連絡(110番通報)しましょう。

  警察への通報をしなければ、交通事故届出義務違反という法律に問われるばかりで

 なく、保険の請求ができなくなるおそれもあるので、必ず通報しましょう。

  警察からは、

  • 事故の発生場所(近くにある電柱や自動販売機が目印となる)
  • 自分や相手のケガの有無(軽傷でも我慢せずに正直に言いましょう)
  • 自分や相手の運転していた車両は何か(自動車、バイク?など)
  • 自分の氏名と連絡先

が聞かれますので、聞かれたことにこたえると警察官を現場に派遣してもらえるので、警察官が車で待ちます。

 

 

3.自分や相手がけがをしてるおそれがあれば119番通報

  交通事故には大きく分けて

    物損事故(けがのない物が壊れただけの場合)

    人身事故(事故によって運転手や同乗者がけがをした場合)

 にわけられます。

  この物損事故か人身事故かによってその後の警察や保険会社の対応が大きく変わりますので、自分だけでなく同乗者や相手のことも含めて確認しておきましょう

 けがのある場合は、軽傷だと思っても救急車を呼びます。

 事故の場合、直後の興奮状態で痛みを感じていない場合もありますし、バイクの場合

頭を打って、脳内出血してる可能性もあるからです

 119番通報をして救急隊に聞かれる内容も110番通報の時とほとんど変わらないので、聞かれたことに正直に答えましょう。

 

1から3までの項目は運転手の義務なので、これらをしなければ道交法違反等で刑事責任を問われる場合もあります。

4,5については運転手が必ずしなければならないと法律で決められているわけではありませんが、事故後の処理を円滑に進ませるために必要な手続きなので確認しておきましょう

 

4.事故の相手と連絡先の交換(最低でも氏名と連絡先)
  自分や相手の運転手が大したケガもなく話をできる状態であれば、相手の運転手と連絡先を交換しておきます
  保険の請求の際に、相手に連絡する必要が出てくることもあるので、事故の現場で行っておくとその後のやり取りが円滑に進みます
  最低限、氏名と連絡がつく電話番号を相手と交換しておきましょう。
 
5.保険会社への連絡
  事故で被害に遭った車の修理やケガの治療に保険を適用することができるので、契約している保険会社に連絡します。
  実際に保険を適用するかどうか悩んでいる場合であってもとりあえず事故が遭った際は連絡しておきます
  基本的に保険会社に連絡しておけば、保険を適用する場合や相手から修理費や治療費を請求する手続きに関して自分と相手の保険会社が代理となって手続きを進めてくれますが、駐車中の車両にぶつけられたなど、自分に過失がない場合(事故の責任が問われない場合)には自分の保険会社は相手の保険会社との示談交渉をしてくれないので、運転手の方が直接相手の保険証会社とやり取りすることになります、注意してください。
 
 

まとめ

 交通事故に遭うことは、めったにありません。

 しかし、実際に事故が発生すれば人生が一変する大きな出来事になる可能性もあります。

 私が書いたことは、交通事故の基本的な部分のみで、110番通報で話す内容や示談交渉などより具体的な話については今後していきたいと思います

 ただ最低限、事故の現場でしておかなければならないことを書きましたので、勉強しておいてもらえればさらに受ける必要のない不幸な事態を避けることができると思います

 

最後まで読んでいただいてありがとうです