umbrella

雨の日の傘のような存在

妊婦さんのためのシートベルト着用方法を紹介

 妊娠をしてからも妊婦検診や家族のお出かけなどで車を利用する人も多いかと思います

f:id:yoshikenkun:20200506100902j:plain

 そんなとき、

  つわりの影響でシートベルトの締め付けが苦しい

  そもそもお腹が大きくなってシートベルトが窮屈

という妊婦の方も多いかと思います

 そこで今回は、

  妊婦さんに向けてシートベルトに関する法律や着用方法

  妊婦さんのためのマタニティシートベルトの紹介

をします

 

シートベルトの着用は義務

道路交通法第七十一条の三 

自動車(大型自動二輪車及び普通自動二輪車を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定により当該自動車に備えなければならないこととされている座席ベルト(以下「座席ベルト」という。)を装着しないで自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため座席ベルトを装着することが療養上適当でない者が自動車を運転するとき、緊急自動車の運転者が当該緊急自動車を運転するとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。
2 

自動車の運転者は、座席ベルトを装着しない者を運転者席以外の乗車装置(当該乗車装置につき座席ベルトを備えなければならないこととされているものに限る。以下この項において同じ。)に乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、幼児(適切に座席ベルトを装着させるに足りる座高を有するものを除く。以下この条において同じ。)を当該乗車装置に乗車させるとき、疾病のため座席ベルトを装着させることが療養上適当でない者を当該乗車装置に乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。

 つまり、運転手は自分はもちろんのこと、同乗する人にもシートベルトをさせる義務があるということです

 さらに、5歳までの子どもにはチャイルドシートを着用させる義務があります

 

妊娠中もシートベルトをしなくてはいけないの?

道路交通法施工令

第26条の3の2 

法第71条の3第1項ただし書の政令で定めるやむを得ない理由があるときは、次に掲げるとおりとする。
1.負傷若しくは障害のため又は妊娠中であることにより座席ベルトを装着することが療養上又は健康保持上適当でない者が自動車を運転するとき。

とあるように、妊娠中でシートベルトを着用することが健康上問題がある場合にはシートベルトはしなくていいと法律では決められています
 妊娠中の健康上の問題というのは、

  • つわり等でシートベルトの締め付けが苦しいという場合
  • 出血や激しい腹痛といった緊急事態が起こり、車のシートに横になりながら病院に行くとき
  • 多胎妊娠でお腹が大きくてシートベルトができない場合
などが考えられます

 とはいえ、シートベルトは万が一交通事故に遭った際、妊婦とお腹の中の赤ちゃんを守るために必要な物なので、健康に過ごしている妊婦さんは自身とお腹の中の赤ちゃんの安全のために、シートベルトを着用しましょう

 シートベルトをすることが健康上不安がある場合には、妊婦検診のときなどにかかりつけ医に相談しましょう

シートベルトを着用していないときに取り締まり中の警察官に止められたら…

 はっきりと

「妊婦のため、健康上シートベルトを着用できません」

と伝えましょう

 現場の警察官であれば、妊婦さんがシートベルトの着用義務を免除されていることは当然知っているはずなので、交通違反として処理されることはありません

 交通違反として処理された後に「実は妊婦だったんです」と後からいっても、余計な疑いをもたれたり、処理された交通違反に対する不服申し立ては手続きが面倒になってしまったりする場合があるため、必ず現場で警察官に言うようにしましょうね

 

妊婦のシートベルト着用方法

母胎や胎児を守るため、警察庁では妊娠中のシートベルト着用法が紹介されています

 

f:id:yoshikenkun:20200505075722j:plain

警察庁ホームページから引用

注意点としては

  1. 腰ベルトは妊娠子宮の膨らみを足側に避け、腰骨の 最も低い位置に通す
  2. 腰ベルトは妊娠子宮の膨らみを、決して横切ってはならない。
  3. 肩ベルトは首にかからないようにする
  4. 肩ベルトは胸の間を通し、わき腹(側腹部)に通す。
  5. 肩ベルトも妊娠子宮の膨らみを、決して横切ってはならない
  6. 妊娠子宮の膨らみとハンドルの間に若干の空間ができるよう、座席シートの位置を前後に調節する。
  7. ベルトが緩むことなく、ぴったりと体にフィットするよう、座席シートの傾きや位置を調節する。

 要するに、妊娠子宮の膨らみをまともに通らぬよう、子宮の上下に避けて、腰骨の上にシートベルトを通すことです

 

妊娠中におススメのシートベルト補助具

日本育児 マタニティシートベルト

 簡単に座席に装着できるマタニティシートベルト

 シートベルトを締めた後に、腰ベルトをマジックテープで留めて、お腹の下の位置に下ろすので、お腹を圧迫しません。

 

マタニティ シートベルト装着補助具 『タミーシールド』

 タミーシールドNHKの『おはよう日本』でも紹介された妊婦さんとおなかの赤ちゃんの安全の為にオーストラリアで開発されたマタニティー用シートベルト補助具です  シートベルトの腰ベルト部分を付属の金属フックに引っかけて固定し、シートベルトのお腹への圧迫を完全に回避させます

 お母さんの安全を確保しながら、お腹の赤ちゃんを守り、シートベルトの腹部圧迫の不快感も取り去る、スグレモノです

 購入すると高額なのですが、1か月単位でレンタルすることも可能です

 妊娠中しか使用しないものなので、レンタルするのもいいかもしれませんね

 

まとめ  

 いかがだったでしょうか

 法律上は、妊婦は健康上の理由からシートベルトをしなくてもいいと規定されていますが、自分自身やお腹の赤ちゃんを守るため、やはりシートベルトはしておきたいですよね

 ここで紹介したシートベルトの着用法やマタニティシートベルトを活用して安全にドライブを楽しんでいただければと思います